TOP  /  コラム  /  【リベルサスダイエット】効果・値段の相場・副作用を解説

【リベルサスダイエット】効果・値段の相場・副作用を解説

この記事の結論
  • リベルサスはGLP-1と呼ばれるホルモンを補充するGLP-1受容体作動薬の一種
  • GLP-1の働きによって食欲低下、満腹感の長持ち、脂肪燃焼などのダイエット効果が得られ、辛いガマンなしで食事制限できるため成功率が高い
  • リベルサスはGLP-1受容体作動薬の中で唯一の飲み薬なので、注射が苦手な人にもおすすめ
  • 安全に使用するためには医師の管理が必要なので個人輸入はNG
  • リベルサスの服用を含む医療ダイエット全般についてはこちらの記事で詳しく解説
目次

リベルサスのダイエット効果

早速リベルサスを服用することでどの様なダイエット効果が得られるのかを見ていきましょう。

食欲が抑えられる

リベルサスは食欲中枢に働きかけ、食欲を抑制する効果があります。

人はダイエットによってカロリー制限を行うと、食欲中枢が興奮状態になり食欲が増えることがわかっています。

ダイエットに失敗する原因として「意志が弱いから」ということがよく言われますが、実際には人の身体は意志の力で痩せることは難しい様にできているとい言えるでしょう。

この様な食欲も無理なくコントロールできるというのがリベルサスダイエットのメリットです。

満腹感が長持ちする

リベルサスには胃腸の動きをゆるやかにする効果があります。

食べたものが胃の中に長くとどまって満腹感が持続するため、物理的に食べられる量が少なくなります。

脂肪燃焼が促進される

リベルサスには褐色脂肪細胞に作用し、熱産生を促す効果があります。

これにより脂肪燃焼が促進され、よりスムーズなダイエットが可能になります。

リベルサスはなぜ痩せる?メカニズムについて

GLP-1は食事をすると腸内で分泌されるホルモンで、以下の働きをします。

  • 膵臓に働きかけ血糖値を下げるインスリンの分泌を促す
  • 血糖値を上げる働きをするグルカゴンの分泌を抑制する


つまりGLP-1は血糖値の急上昇を防ぎ、低く保つ役割を担っているわけですが、このGLP-1を外部から補充するのがGLP-1受容体作動薬であるリベルサスです。

また、GLP-1は通常DPP-4という酵素によってすぐ分解されてしまいますが、リベルサスはDPP-4の影響を受けにくく作られているため、1度の服用で1日効果が持続します。

リベルサスの値段の相場

リベルサスは3mg、7mg、14mgの三種類があり、容量が大きいほど価格も高くなります。

料金相場は以下のとおりです。

容量価格相場
3mg10,000~20,000円
7mg20,000円~30,000円
14mg30,000~45,000円

リベルサスは保険適用外

ダイエット目的で使用する場合、リベルサスは保険適用外となり、自費での購入となります。

現在GLP-1受容体作動薬で保険適用で使用できるのは皮下注射タイプのウゴービのみが、保険適用となる条件は肥満かつ指定の肥満からくる疾患を2つ以上患っているか、BMIが35を超える重度の肥満の場合のみと条件はかなり厳しいものとなっています。

リベルサスをはじめとするGLP-1受容体作動薬によるダイエットは、多くの場合では自費診療となるでしょう。

格安でもオンライン購入や個人輸入は非推奨

対面での診断や検査を行わずリベルサスをオンラインで販売しているクリニックもありますが、リベルサスは服用にあたって事前の血液検査や医師による問診が必要な薬です。

服薬開始後も容量の調整や副作用が出た場合の対応などを行う必要があるため、安全にダイエットを行うためにはオンライン購入はおすすめしません。

またリベルサスを販売している個人輸入サイトもありますが、偽物が届き健康被害に発展するケースが多発しています。

個人輸入の場合には医薬品副作用救済制度の対象外になってしまうこともあり、取り返しのつかない事態に陥るリスクもあるため絶対に個人輸入でリベルサスを購入してはいけません。

リベルサスの効果的な服用方法

空腹時に服用する

リベルサスは主に胃で吸収されるため、胃の中に食べたものが残っていると吸収率が下がります。

寝起きなど空腹時に服用しましょう。

服用後30分の飲食・服薬は避ける

リベルサスを飲んで吸収される前に食事をしたり別の薬を服用したりすると吸収率が下がります。

服用後30分は飲食や服薬をしないようにしてください。

適量の水で服用する

リベルサスは一定量以上の水と一緒に服用すると効果が落ちることがわかっています。

120ml(コップ半分)以下の水で服用してください。

またコーヒーやお茶、服薬ゼリーなどでの服用もNGです。

効き目によって容量を調整する

リベルサスの効果には個人差があります。

そのため、3mgから飲み始め、効き目が薄い場合には医師と相談しながら容量の調整をする必要があります。

二錠飲んで容量を増やすのはNG

リベルサスには1錠に対して300mgの吸収促進剤(SNAC)が含まれます。

7mgを2錠飲んでも有効成分は14mgと同じ量にならず効果が弱まるので、必ず規定量を1錠で飲むようにしてください。

服用の直前までシートから出さない

リベルサスは湿気や光の影響を受けやすい薬剤です。

ピルケースに移したりせず、服用の直前までシートから取り出さないようにしましょう。

また同様の理由から、口の中で噛んだり、分割して持ち歩いたりするのもNGです。

リベルサスの効果が出るまでの時間

リベルサスは3mgから飲み始め、増量する場合には1ヶ月を過ぎてから7mgへ切り替えます。

効果には個人差があるため、効きが良い方は3mgを飲み始めてすぐに食欲抑制などの効果はあらわれますが、多くの場合には7mgに切り替えてから効果を実感しやすいです。

また、実際に体重が減り始めるまでにはリベルサスの効果で食事量が減ってからさらにタイムラグがあるため、1~3ヶ月程度で数字にあらわれることが多いでしょう。

リベルサスダイエットはリバウンドする?

リベルサスの効果は永続するものではなく、服用をやめると食欲や満腹感の持続時間などは元に戻ってしまいます。

そのため、リベルサスの効果だけで痩せていた場合にはリバウンドする可能性はかなり高いと言えるでしょう。

リベルサスを飲んでいる間に食生活を見直す、運動習慣を身につけるといった対策を行う必要があります。

リベルサスを処方してもらう際の注意点

必ず検査・問診を受ける

リベルサスは飲み始める前や服用期間中に、血液検査を始めとする検査が必要な薬です。

また容量の調整や副作用が出た場合の対応なども必要ですので、医師の管理の元で服用を行うようにしてください。

副作用が出る可能性がある

リベルサスには吐き気、下痢、便秘、頭痛、悪心などの副作用があります。

また稀にではありますが、低血糖や倦怠感、急性膵炎などの重大な副作用があらわれるケースもあります。

必ず副作用の対策ができるクリニックで処方してもらうようにしましょう。

オンライン処方や個人輸入はリスク大

上で解説したとおり、リベルサスは安全性を確保するために医師の管理下で副作用の対策なども行いながら服用する必要がある薬です。

形式的なWEB問診のみで検査や定期検診を行わない格安オンラインクリニックや、偽造品が報告されている個人輸入サイトでの購入は健康被害のリスクが非常に大きいため、検査や問診をしっかり行ってくれてトラブルがあった場合にも医療的な処置ができるクリニックで処方してもらうようにしてください。

リベルサスを服用できない場合がある

以下の様な方は、リベルサスを服用することができません。

  • 糖尿病の方
  • 妊娠中、妊娠の予定のある方
  • 利尿剤を服用中の方
  • 18歳未満の方
  • 低血糖を起こす可能性が高い方
  • 膵炎など臓器疾患の既往がある方
  • 甲状腺疾患の既往がある方
  • 胃潰瘍など重度の胃腸障害がある方

上記以外にも服用NGな可能性があるため、個人での判断はせず必ず医師による診断を受けた上でリベルサスダイエットに取り組みましょう。

リベルサスで痩せない理由と対策

食べすぎている・太りやすいものを食べている

リベルサスの効果は食欲を抑えるもので、いくら食べても太らないという薬ではありません

薬の効き目が不十分で食べすぎていたり、量が少なくても高カロリーなものばかり食べていたりすると、リベルサスを飲んでいてもオーバーカロリーになり痩せられない場合があります。

リベルサスを飲むだけでなく食習慣の改善にも並行して取り組むことをおすすめします。

食欲が抑えられている分スムーズに行えるはずです。

服用期間が短い

リベルサスは効果があらわれるまでに一ヶ月~かかり、またその後食事量が少ない生活を続けることで体重が減少していきます。

服用期間が短いと効果があらわれないため、少なくとも3ヶ月以上は服用するようにしましょう。

投与量が少ない

リベルサスは3mgから服用を開始する必要がありますが、効果は7mg以上に増量してからあらわれることが多い薬です。

効き目が薄い場合、段階的に容量を増やしていきましょう。

ただし増薬することで副作用が出る場合もあるため、医師と相談しながら容量の調整を行う必要があります。

正しい飲み方を守っていない

リベルサスは十分な効果を得るために守らなければならないことが比較的多い薬品です。

「リベルサスの効果的な服用方法」で解説した内容を確認してみてください。

運動不足

リベルサスの効果で食事量が減ってアンダーカロリーの状態を続ければ、体重はほぼ確実に減っていきます。

ただし全く運動を行っていない場合には、脂肪だけでなく筋肉の減少量も多くなるため、体重は減っているのに見た目が思ったほど変わらなかったり、サイズダウンはしても引き締まった印象にはならなかったりすることがあります。

軽くでも運動を組み合わせることで筋肉量を維持しながら脂肪中心に痩せやすくなるため、全く運動をしていないという方は無理のない範囲で筋トレや有酸素運動にも取り組んでみてください。

リベルサスと同成分のGLP-1受容体作動薬

リベルサスは商品名であり、有効成分はセマグルチドです。

同じくセマグルチドを有効成分とするGLP-1受容体作動薬には「ウゴービ」と「オゼンピック」の2つがあります。

効果はリベルサスと同様ですが、ウゴービとオゼンピックは注射器型の容器に薬剤が入っており、自分で皮下注射して投与を行います。

そのため注射に抵抗がある場合にはリベルサスの方が継続しやすいでしょう。

また、オゼンピックは週に1回の投与なのに対し、ウゴービは1日1回の投与が必要という違いもあります。

まとめ

リベルサスダイエットについて解説しました。

GLP-1受容体作動薬の一種であるリベルサスは、服用することで食欲抑制や満腹感の持続、脂肪燃焼の促進といった効果を得ることができ、一般的なダイエット方法では中々痩せられない方でも比較的かんたんに痩せることができます。

ただしリベルサスは服用にあたっての注意点も多い薬ですので、安全にダイエットに取り組むためには自己判断で服用せず、必ず医師がしっかりと管理してくれるクリニックで処方してもらうようにしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!