TOP  /  コラム  /  セルライトをなくすには?セルライトの正体・原因・解消方法を解説

セルライトをなくすには?セルライトの正体・原因・解消方法を解説

この記事の結論
  • 実はセルライトの正体は医学的にも分かっていない
  • マーケティング目的のニセ医学情報に踊らされないように注意が必要
  • 皮下組織の構造的に女性はセルライトができやすい
  • エステの施術やセルフでのマッサージなどでセルライトをなくすことはできない
  • 筋トレ+食事制限で体脂肪率を落とすことでセルライトを改善できる可能性がある
目次

セルライトとは

お腹や太もも、二の腕、お尻などの脂肪がつきやすい部位の皮膚表面がオレンジの皮の様にボコボコになったものをセルライトと呼びます。

セルライトは健康上の問題を引き起こすものではありませんが、見た目に対する悪影響から、セルライトに対して深刻な悩みを抱えている人も少なくありません。

そもそもこのセルライトとはそもそも何なのでしょうか。

医学的定義はなく正体はわかっていない

実はセルライトがどういったものなのかということについて、正確なことはまだはっきりと分かっていません。

そもそもセルライトという言葉は医学上明確な定義はなく、主に美容やエステの分野で使われる言葉でした。

しかし近年ではセルライトについて取り上げる医学論文も増えており、医学の観点からも注目が集まっていますが、完全に解明はされていないという状況です。

そのためセルライトについては誤った認識も多く、「脂肪細胞と老廃物が混ざったもの」などと説明されることもありますが、実際には組織にその様な変性は見られず、セルライトがある部分を切開しても肥大した脂肪細胞があるだけです。

可能性として、脂肪細胞の肥大と周辺組織の線維化、それに伴う毛細血管の圧迫によるうっ血・浮腫などによって、皮膚表面が凸凹に変形するのではないかと考えられています。

セルライトは女性にできやすい

セルライトは女性に多く見られ、人種や年代にもよりますが思春期以降の女性の80~90%に程度の差こそあれセルライトがあるとも言われています。


これは男女の皮下組織の構造の違いによる可能性が指摘されています。

Improvement in Skin Elasticity in the Treatment of Cellulite and Connective Tissue Weakness by Means of Extracorporeal Pulse Activation Therapy」という2008年に発表されたセルライトに関する研究論文によると、男性は皮下組織のコラーゲン繊維束が斜めに交差しながら配向しているのに対し、女性は皮膚に対し垂直なアーチ状になっているため、より皮膚表面にオレンジの皮の様な凹凸があらわれやすいということです。

男性でも肥満などによって脂肪細胞が一定以上まで肥大するとセルライトがあらわれますが、女性の場合にはそれほど太っていなくてもセルライトがあらわれることが珍しくありません。

また妊娠によるホルモン変化の影響によってもセルライトができやすくなる可能性が指摘されており、セルライトは特に女性を悩ませやすいものであると言えるでしょう。

セルライトをなくす方法

セルフケアやエステでセルライトは無くならない

セルライト対策として広く知られているものとして、以下の様なものが上げられるでしょう。

  • セルフマッサージ
  • ストレッチ
  • 半身浴
  • エステでのマッサージ
  • レチノールやカフェイン入りのクリーム


しかし実際のところ、これらの対策に医学的な根拠はなく、また根本的な改善が期待できるものもないでしょう。

特にマッサージは「脂肪を潰す」と表現されますが、物理的な圧力を加えることで脂肪細胞が小さくなったり無くなったりすることはありません。

うっ血や浮腫が軽減されることで一時的にセルライトが緩和されたように見えるかもしれませんが、すぐに元に戻ってしまうため根本的な解決にはつながらず、またマッサージの摩擦や圧力によるアザや色素沈着、肌へのダメージによるデメリットの方が大きくなることも考えられます。

こういったセルフケアやエステによってセルライトが解消されることはありません。

体脂肪率を下げることでセルライトの改善が期待できる

セルライトの根治は難しいものの、症状を緩和するために有効と考えられるのが体脂肪率を落とすことを意識したダイエットです。

女性は脂肪が肥大した時に皮膚の表面に凸凹があらわれやすい皮下組織の構造をしていると解説しましたが、ダイエットによって体脂肪率が下がり、脂肪細胞のサイズが小さくなれば凹凸が軽減される場合があります。

そのためには体重を減らすだけでなく、筋肉をなるべく残しながら脂肪中心に落とすダイエットを行う必要があります。

具体的には、食事制限でカロリー収支をマイナスにするだけでなく、筋トレもあわせて行うようにしましょう。

筋トレを行うことで糖質が脂肪に行く前に筋肉で消費され、また筋肉量が維持されるため基礎代謝も落ちづらくなることから、食事制限のみのダイエットと比較して体脂肪率が落ちやすくなります。

具体的なシミュレーションをしてみましょう。

体重50kgの人が5kg痩せた場合に、「①脂肪と筋肉が2.5kgずつ落ちた場合」「②脂肪だけ5kg落ちた場合」で体脂肪率にどれだけ差が出るかの比較を表にまとめました。

スクロールできます
体重体脂肪量体脂肪率
before50kg15kg30%
after①45kg12.5kg28%
after② 45kg10kg約22%


落ちた体重は同じでも、①と②で体脂肪率には約6%もの差が出ていることがわかります。

体脂肪率を落としたい場合には体重を落とすだけでなく筋肉量を維持することが非常に重要というわけです。

セルライトは脂肪細胞の肥大による影響が大きいと考えられているため、単純に体重を落とすだけでなく、体脂肪を中心に落とすダイエットによって症状を軽減できる可能性があります。

セルライトの治療方法は確立されていない

医療の分野においても、セルライトの完全な治療方法はまだ確立されていません。

低侵襲レーザーや超音波を活用した施術などによる症状の改善が示唆されていますが、まだまだ研究内容が不十分という状況です。

美容医療の分野でセルライト治療の方法として挙げられることが多い脂肪吸引を行ってもセルライトが改善されないケースは多く、セルライトを確実かつ完全になくす方法は現状では存在しないといえます。

まとめ

セルライトについて解説を行いました。

セルライトは元々エステなどの分野で使われ始めた言葉で、医学的な定義はなく、研究も進んでいない状況です。

マッサージやエステといった世の中に出回っている治療法のほとんどには根拠が無く、実際に大きな改善も期待できません。

また医療の分野においても明確な治療法はまだ確立されていない状況です。

脂肪細胞の肥大が関連している可能性が高いという見立てから、体脂肪率を下げることを重視したダイエット方法はセルライトを改善できる可能性があるため、セルライトにお悩みの方は筋トレと食事制限を組み合わせたダイエットに取り組んでみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!