TOP  /  コラム  /  ゼニカルのダイエット効果とは?メリット・副作用・費用を解説

ゼニカルのダイエット効果とは?メリット・副作用・費用を解説

「ゼニカル」は脂質の吸収を抑える作用を持つ飲み薬です。

オルスタリットという成分を有効成分とし、体重減少効果と安全性の高さから、ダイエットをしたいけど食事制限が苦手な方や、飲み会や会食といった付き合いの食事が多い方から高い支持を集めています。

オこの記事では、ゼニカルの効果や脂質吸収を抑える仕組み、副作用や費用相場について詳しく解説します。

ダイエットに取り組む際の選択肢としてゼニカルの利用を検討している方は、ぜひ最後までお読みいただき、参考にしてください。

目次

脂肪吸収阻害剤「ゼニカル」とは?

ゼニカル(Orlistat)は、脂質の吸収を抑制することで体重減少を助けるダイエット薬です。

有効成分であるオルリスタットは、胃や小腸に存在するリパーゼという酵素を阻害し、食事中の脂質が体内に吸収されるのを防ぎます。

その結果、摂取した脂質の一部が消化されずに体外に排出され、摂取カロリーを減少させる効果があります。

肥満治療薬として長い歴史を持つゼニカル

オルスタリットは1997年にアルゼンチンで承認されたことを皮切りに、米国食品医薬品局(FDA)や欧州医薬品庁(EMA)などの公的機関によって承認され、多くの国で使用されています。

オルスタリット製剤であるゼニカルは、1998年にスイスの製薬会社ロシュによって初めて市場に導入されました。

日本ではゼニカルは未承認のため自費治療とはなりますが、多くのクリニックで抗肥薬として処方されています。

ゼニカルは、BMIが30以上の肥満患者、またはBMIが27以上で肥満関連の合併症(糖尿病、高血圧、高コレステロールなど)を持つ患者に対して推奨されます。

医師の指導のもとで使用されることが一般的であり、その効果と安全性は多くの臨床試験で確認されています。

ゼニカルの効果とメリット

ダイエット効果

ゼニカルの主な効果は、食事中の脂質の吸収を抑制することにより体重を減少させることです。

有効成分オルリスタットは、胃や小腸で働くリパーゼという酵素を阻害し、脂質の消化・吸収を妨げます。

この結果、摂取した脂質の約30%が消化されずに体外に排出されるため、摂取カロリーが減少し、体重減少が促進されます。

臨床試験では、ゼニカルを使用することで、6ヶ月から1年間で平均3〜5kgの体重減少が見られることが報告されています。

これにより、食事制限や運動だけでは達成できなかった体重減少を効果的にサポートすることができます。

他のダイエット方法との比較

ゼニカルは、自力のダイエットや他のサプリメントとは異なる独自のメカニズムを持っています。

以下は、ゼニカルと他のダイエット方法との比較です。

  1. 自力ダイエットとの比較:食事制限や運動によるダイエットは効果があるものの、継続することが難しい場合があります。ゼニカルは、食事中の脂質の吸収を直接抑制するため、日常の食事に大きな変更を加えることなく、効果的に体重を減少させることができます。
  2. 他のサプリメントとの比較:多くのダイエットサプリメントは、代謝を促進したり、食欲を抑制する効果を謳っていますが、科学的な根拠が不足している場合が多いです。ゼニカルは、臨床試験によってその効果と安全性が確認されているため、信頼性の高い選択肢と言えます。

ゼニカルの副作用と注意点

ゼニカルの主な副作用

ゼニカルの使用にはいくつかの副作用がありますが、これらは通常軽度で一過性のものが多いです。

以下に、主な副作用とその内容を説明します。

  1. 胃腸の不調:ゼニカルは脂質の吸収を抑えるため、未消化の脂質が体外に排出されます。これにより、脂っこい便、腹痛、ガス、下痢などの胃腸の不調が生じることがあります。これらの症状は、脂質の多い食事を摂取した場合に特に顕著になります。
  2. 脂溶性ビタミンの吸収阻害:ゼニカルは脂質だけでなく、脂溶性ビタミン(ビタミンA、D、E、K)の吸収も抑えることがあります。これにより、長期的な使用ではビタミン不足になるリスクがあります。そのため、ビタミン補充が推奨されます。

ゼニカルを使用する上での注意点

ゼニカルを安全に使用するためには、以下の点に注意する必要があります。

  1. 医師の指導の下で使用する:ゼニカルは医薬品であり、医師の処方が必要です。自己判断での使用は避け、医師の指導の下で使用することが重要です。特に、他の薬剤を服用している場合や、持病がある場合は、必ず医師に相談してください。
  2. ビタミン補充を行う:脂溶性ビタミンの不足を防ぐために、サプリメントを摂取することが推奨されます。ビタミン補充は、ゼニカルの服用から2時間後に行うと効果的です。
  3. 定期的な健康チェック:長期的にゼニカルを使用する場合は、定期的な健康チェックを行い、ビタミンレベルやその他の健康指標を監視することが重要です。

ゼニカルの使用に注意が必要な人

以下のような人は、ゼニカルの使用に特に注意が必要です。

  1. 消化器系に問題がある人:消化器系に疾患がある人は、ゼニカルの使用により症状が悪化する可能性があります。そのため、使用前に必ず医師へ相談するようにしましょう。
  2. 脂溶性ビタミンの吸収不良症候群のある人:既にビタミンの吸収に問題がある人は、ゼニカルの使用によりさらにビタミン不足が悪化するリスクがあります。
  3. 妊娠中または授乳中の女性:妊娠中や授乳中の女性は、胎児や乳児への影響を考慮し、ゼニカルの使用を避けるべきです。医師に相談の上、適切な対策を取ることが必要です。

ゼニカルの費用と入手方法

ゼニカルの費用は、購入場所や処方の形式によって異なります。以下は、一般的な費用相場の例です。

  1. クリニックでの処方:ゼニカルは通常、医師の処方に基づいて購入します。クリニックでの診察料や処方料がかかるため、1ヶ月分の費用は平均して1万円から2万円程度になります。クリニックによっては、初回診察料が無料であったり、パッケージ料金を提供している場合もあります。
  2. オンラインでの購入:ゼニカルは一部の信頼できるオンライン薬局でも購入可能です。オンラインでの購入は便利ですが、偽造品のリスクもあるため、信頼できるサイトからの購入を強くお勧めします。オンライン購入の場合、1ヶ月分の費用は数千円から1万円程度になりますが、医師の処方が必要です。

ゼニカルの購入方法

ゼニカルを安全に入手するための方法について説明します。

  1. 医師の処方による購入:ゼニカルは医療用医薬品であり、医師の処方が必要です。初めてゼニカルを使用する場合は、必ず医師の診察を受け、適切な使用方法や副作用についての説明を受けましょう。医師の指導の下で使用することで、安全かつ効果的にダイエットを進めることができます。
  2. 信頼できるオンライン薬局からの購入:オンラインでゼニカルを購入する場合は、厚生労働省の認可を受けた信頼できる薬局を利用しましょう。偽造品や品質の低い製品を避けるため、公式サイトや評判の良い薬局を選ぶことが重要です。また、オンライン薬局でも医師の処方箋が必要です。
  3. 保険適用の有無:ゼニカルは通常、保険適用外の医薬品です。したがって、費用は全額自己負担となります。

ゼニカル購入時の注意点

ゼニカルを購入する際には、以下の点に注意してください。

  1. 偽造品に注意:オンライン購入の場合、偽造品のリスクがあります。信頼できる薬局を選び、製品の正規性を確認しましょう。特に個人輸入サイト等は注意が必要です。
  2. 処方箋の確認:ゼニカルは医師の処方箋が必要な薬品です。処方箋なしで購入できる場合は、その薬局を避けるべきです。
  3. 費用の比較:複数のクリニックやオンライン薬局で費用を比較し、最も適切な場所から購入しましょう。また、長期的に使用する場合は、パッケージ料金や割引を提供しているかどうかも確認すると良いでしょう。

ゼニカルのダイエット効果を高める方法

ゼニカルを効果的に使用するためには、以下のポイントに注意することが重要です。

  1. 暴食は避ける
    • ゼニカルには摂取した脂質を吸収させずに排出する効果がありますが、全ての脂肪分の吸収を防ぐわけではないので、脂質を摂りすぎるとオーバーカロリーになってしまいます。また炭水化物とタンパク質に対しては効果がないため、ゼニカルを飲んでいるからといって暴飲暴食をするとダイエットが失敗してしまう可能性があります。
  2. 定期的な運動
    • ゼニカルの効果を高めるためには、適度な運動を取り入れることが推奨されます。ウォーキングやジョギング、筋力トレーニングなど、無理のない範囲で継続的に運動を行いましょう。運動は体重減少だけでなく、健康全般の向上にも寄与します。
  3. 医師の指導を受ける
    • ゼニカルを使用する際には、定期的に医師の診察を受け、健康状態を確認することが重要です。特に長期間使用する場合は、ビタミン不足や他の健康リスクを監視するために、定期的な健康チェックを行いましょう。
  4. ビタミンサプリメントの摂取
    • ゼニカルは脂溶性ビタミンの吸収を抑えるため、ビタミンサプリメントの摂取が推奨されます。ゼニカルの服用から2時間後にビタミンを摂取することで、ビタミン不足を防ぎます。

まとめ

ゼニカルは、脂質の吸収を抑えることで体重減少を助ける効果的なダイエット薬です。

その主成分であるオルリスタットは、胃や小腸で働くリパーゼ酵素を阻害し、食事中の脂質の約30%を体外に排出させるメカニズムを持っています。

この結果、摂取カロリーが減少し、体重減少が促進されます。

主な効果

  1. 体重減少:ゼニカルの使用により、6ヶ月から1年間で平均3〜5kgの体重減少が報告されています。
  2. 健康改善:コレステロール値の改善や血糖値の安定化、血圧の低下など、全体的な健康状態の向上が期待できます。

副作用と注意点

  1. 胃腸の不調:脂質の多い食事を避けることで、副作用を軽減できます。
  2. 脂溶性ビタミンの吸収阻害:ビタミンサプリメントの摂取が推奨されます。
  3. 医師の指導の下で使用:自己判断での使用は避け、定期的な健康チェックを行いましょう。

費用と入手方法

  1. クリニックでの処方:1ヶ月分の費用は1万円から2万円程度が一般的です。
  2. オンラインでの購入:信頼できるサイトから購入し、偽造品に注意しましょう。

ゼニカルは、適切な使用方法と医師の指導の下で使用することで、効果的にダイエットをサポートします。脂質の多い食事を控え、適度な運動を取り入れることで、その効果を最大限に引き出すことができます。また、副作用を最小限に抑えるために、ビタミン補充や定期的な健康チェックを欠かさず行うことが重要です。

ゼニカルの利用を検討している方は、まず医師に相談し、自分に合ったダイエット方法を見つけるための第一歩を踏み出してください。健康的で効果的なダイエットを目指して、ゼニカルを賢く活用しましょう。

監修医師

藤井崇博
ディオクリニック理事長
【経歴】
2011年 東邦大学医療センター大森病院 初期研修医
2013年 東邦大学医療センター大森病院 循環器内科レジデント
2018年 東邦大学医療センター大森病院 循環器内科シニアレジデント
2021年 循環器内科学分野で医学博士号取得

【資格】
医学博士
日本循環器学会認定 循環器内科専門医
日本内科学会認定 認定内科医
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!