TOP  /  コラム  /  GLP-1ダイエットとは?薬の種類・効果・メリット・副作用を解説

GLP-1ダイエットとは?薬の種類・効果・メリット・副作用を解説

この記事の結論
  • GLP-1ダイエットとは、体内で分泌されるGLP-1というホルモンを飲み薬・注射によって補充するダイエット方法
  • GLP-1の働きによって食欲低下、満腹感の長持ち、脂肪燃焼などのダイエット効果が得られ、辛いガマンなしで食事制限できるため成功率が高い
  • 海外では肥満治療薬として早くから承認されており、2023年には日本でも「ウゴービ」というGLP-1製剤が認可
  • 安全に使用するためには医師の管理が必要なので個人輸入はNG
  • GLP-1を含む医療ダイエット全般についてはこちらの記事で詳しく解説
目次

GLP-1ダイエットとは

GLP-1ダイエットとは、GLP-1受容体作動薬と呼ばれる薬を服用することで食欲をコントロールし、減量を目指すダイエット方法です。

GLP-1受容体作動薬とその効果とあわせ、GLP-1ダイエットについて詳しく見ていきましょう。

GLP-1受容体作動薬について

GLP-1(ジーエルピーワン)とは食事を摂ると小腸内で生成されるホルモンで、膵臓に働きかけてインスリンを分泌させることで血糖値を下げる役割を担っています。

このGLP-1を外部から補充する目的で経口、もしくは注射によって注入される薬をGLP-1受容体作動薬と呼びます。

GLP-1受容体作動薬は元々糖尿病の治療に用いられていた薬ですが、減量効果もあるということからアメリカFDAを始めとする様々な国で肥満症の治療薬として認可を得ています。

日本にでも肥満治療薬として承認

日本においてはこれまで糖尿病治療薬としてのみの承認でしたが、2023年11月15日にGLP-1受容体作動薬であるウゴービが肥満治療として承認されました。

このことからも、GLP-1受容体作動薬が肥満治療薬として安全かつ有効であることがわかります。

GLP-1受容体作動薬の効果

GLP-1受容体動作薬には主に3つの効果があります。

食欲のコントロール

GLP-1には満腹中枢を刺激する作用があるため、GLP-1受容体作動薬によってGLP-1を補充することでダイエットの天敵である過剰な食欲を抑えることができます。

満腹感の持続

GLP-1の働きによってインスリンが分泌されると胃腸の働きが緩やかになり、食べたものが胃の中にとどまる時間が長くなるため、満腹感が長時間持続し、少しの食事でも満足感を得られるようになります。

脂肪の燃焼効果

GLP-1は脂肪細胞での脂肪の分解と燃焼を促進するため、GLP-1受容体作動薬によってより脂肪を落としやすくなります。

まとめると、GLP-1受容体作動薬は無理なく食欲を抑えながら脂肪燃焼を促進してくれるという、非常にダイエットを行う上で有益な効果をもたらしてくれます。

GLP-1ダイエットはどの程度痩せるか

GLP-1ダイエットの減量効果をお伝えするために、実際にGLP-1製剤であるリラグルチド3mgを用い、56週間にわたって行われた実験の結果を見ていきましょう。
(薬剤の種類については後ほど詳しく紹介します)

この実験では3,731名を対象にランダム実験を行い、実際にリラグルチドを投与したグループでは平均で8.4kgの体重減少効果が見られました。

他にも、セマグルチド50mgを334名に対し68週に渡って経口投与し、平均で元の体重の15.1%減という結果が得られた実験や、同じくセマグルチド1.7mg/2.4mgの3~6ヶ月間皮下注射によって平均で3ヶ月で5.9%、6ヶ月で10.9%減という結果が得られた実験もあります。

元の体重やBMI、生活習慣による部分が大きいため一概に「一ヶ月に◯kg痩せる」というのは難しいですが、これらの実験からもGLP-1ダイエットは確かな減量効果があると言えるでしょう。

なお、リバウンドしづらい健康的な減量の最大値は月に元の体重の5%程度までと言われていますが、ディオクリニックでは実際にそのくらい痩せられる方も多数いらっしゃいます。

GLP-1ダイエットのメリット

ストレスなく食欲をコントロールできる

ダイエットの基本は摂取カロリーよりも消費カロリーを大きくすることですが、そのためには食事制限が必要不可欠です。

運動によって消費できるカロリーは思っているよりもずっと少ないため、アンダーカロリーにするためには食べる食材や量を我慢しなければなりませんが、多くの場合それは非常に大きなストレスになります。

しかしGLP-1ダイエットでは食欲自体が薬の効果で抑制されるため、「我慢している」という感覚すらなくノーストレスで摂取カロリーを抑えることができます。

適切に服用すれば安全性が高い

GLP-1受容体作動薬は様々な国で認可を得ており、2023年には日本でも肥満治療薬として承認されました。

このことからも分かるように、肥満症の方がダイエットを行いたい場合に、GLP-1ダイエットは安全性が高く有効なダイエット方法といえます。

ただし、GLP-1受容体作動薬は医薬品ですので、適切な管理の元で服用する必要があります。

しっかりと医師が管理してくれるクリニックなどで処方してもらうことをおすすめします。

努力に依存しないため成功率が高い

世の中に存在するほとんどのダイエット方法は基本的に個人の努力に依存します。

このことはダイエットに失敗してしまう方が数多くいらっしゃることからも明らかでしょう。

しかしGLP-1ダイエットはGLP-1受容体作動薬を服用、もしくは皮下注射するだけで食事量を減らすことができるため、努力のハードルがほとんどなく成功率が高いダイエット方法となっています。

実際に他のダイエット方法では失敗し続けていたのにGLP-1ダイエットなら痩せられるという方は多く、これは非常に大きなメリットといえるでしょう。

GLP-1受容体作動薬の種類と料金相場

スクロールできます
薬品名有効成分容量投与方法投与頻度料金相場(月)特徴
リベルサスセマグルチド3~14mg経口1回/日10,000~60,000円1回/日
オゼンピック0.25~1mg皮下注射1回/週20,000~50,000円1回/日
ウゴービ0.25~2.4mg1回/日保険診療(予定)1回/日
サクセンダリラグルチド0.6~3mg1回/日20,000~60,000円1回/日
ビクトーザ0.3~1.8mg1回/日1回/日
マンジャロチルゼパチド2.5~15mg1回/週40,000~120,000円1回/日

各GLP-1受容体作動薬はウゴービを除き全て自由診療での処方となります。

また1回の投与量も効果の現れ方によって変わるため、実際にかかる費用は人によってかなり幅が出るでしょう。

マンジャロのみGLP-1だけでなくGIPというホルモンにも働きかけるという違いはありますが、いずれのGLP-1受容体作動薬も食欲抑制や満腹感の持続、脂肪分解の促進といった効果は共通で期待することができます。

投与方法や頻度、容量などが変わってくるため、薬の種類の選択については医師に相談するのが良いでしょう。

ウゴービが保険適用になる条件

保険診療でウゴービを処方してもらうためには、以下の2つの条件を満たす必要があります。

  • 食事療法、運動療法によって十分な効果が得られない
  • BMI27以上で2つ以上の健康障害がある、もしくはBMI35以上

BMIとは国際的に用いられている肥満度を表す指標で、[体重(kg)]÷[身長(m)の2乗]という計算式で導き出される値です。

例えば身長160cmの人の場合、約69kgでBMI27、約90kgでBMI35になります。

健康障害は2型糖尿病、脂質異常症、高血圧などの11の疾患が指定されています。

一般的なダイエットや美容目的の場合、ウゴービは保険診療の対象とならず、保険適用で利用できる方はかなり限られてくる条件と言えるでしょう。

GLP-1で痩せない時は?効果を高める方法

食事内容を改善する

GLP-1ダイエットでは食欲が抑えられますが、それでも何を食べても痩せられるというわけではありません。

脂質の多いものや高GI(血糖値が上がりやすい)炭水化物などは、量の割にカロリーが多かったり脂肪が付きやすかったりするため、こういった食材ばかりの生活ではGLP-1受容体作動薬を投与していても痩せられないケースがあります。

特に避けるべき食材としては、揚げ物、砂糖が多く含まれる飲料、洋菓子、白い炭水化物、加工肉などが挙げられます。


なるべくバランスの良い食事を心がけ、またダイエット中は筋肉が落ちやすくなるためタンパク質もしっかりと摂取するようにしてみてください。

そうすれば食欲が抑えられているため、満足いくまで食べても痩せていくはずです。

運動を組み合わせる

GLP-1の効果でカロリー収支がマイナスになれば体重は減っていくでしょう。

しかし脂肪中心に落としたい場合には、軽い筋トレなどの運動を組み合わせてみてください。

ダイエット中には基本的に脂肪も筋肉もどちらも落ちていきます。

しかし運動を行いながらカロリーを絞った場合には、筋肉が落ちるのを防ぐことができます。

例えば体重が5キロ落ちた時に、脂肪と筋肉が2.5kgずつ落ちるのと脂肪が4kg、筋肉が1kg落ちるのとでは、数字で見ると同じでも後者の方がより引き締まり痩せて見えます。

見た目重視でダイエットをしたい場合には、GLP-1受容体作動薬を飲みながら、軽く運動も行うのがおすすめです。

過度な飲酒を避ける

GLP-1受容体作動薬は食欲は抑えられるものの、お酒は普通に飲めてしまいます。

アルコールにもカロリーがあるため、過度な飲酒を行うとせっかく食欲を抑えてもオーバーカロリーになりやすいでしょう。

また過度な飲酒はインスリンを分泌する膵臓にも負担をかけるため、GLP-1ダイエットの効果を薄めてしまう可能性もあります。

さらに、空腹状態での飲酒は低血糖を招きやすいため、安全の観点からも食事量が減っているGLP-1ダイエット中の飲酒はほどほどにするべきでしょう。

GLP-1ダイエットの注意点

副作用が出る可能性がある

GLP-1受容体作動薬は肥満治療に用いられている安全性の高いものですが、医薬品である以上副作用のリスクは必ずあります。

主な副作用としては、胃腸系の症状と低血糖の症状があります。

GLP-1受容体作動薬の効果により胃腸の働きがゆるやかになるため、1~5%程度の割合で悪心、吐き気、胃のむかつき、便秘、下痢といった胃腸系の症状があらわれる場合があります。

またGLP-1受容体作動薬は血糖値が高くなった時にのみ作用するため、単体での服用では低血糖になりづらいとされていますが、それでも稀に倦怠感やふらつきといった低血糖の症状があらわれることがあります。

副作用の種類やリスクは薬剤によっても多少異なるため、必ず医師の管理の元で服用を行うようにしましょう。

オンライン購入や個人輸入はリスクが高い

昨今ではオンラインでGLP-1受容体作動薬を購入できるクリニックが増えていますが、GLP-1ダイエットは事前に血液検査や十分な問診を行った上での処方が必要な薬品ですので、上記で解説した副作用などのリスクが大きくなります。

またクリニックすら通さずに個人輸入でGLP-1受容体作動薬を購入している方もいらっしゃいますが、薬が偽物であり健康被害が出るケースが多数報告されています。

仮に重大な副作用が出た場合でも、個人輸入での健康被害は医薬品副作用被害救済制度が利用できません。

オンラインでの簡易的な処方や個人輸入は避け、しっかりと医師の管理の元で使用できるクリニックを選ぶことをおすすめします。

断薬後にリバウンドしやすい

GLP-1受容体作動薬の効果は永続ではなく、使用をやめると食欲や胃腸の活動は元に戻ります。

そのため、薬の効果だけに頼ってダイエットを行った方は、多くのケースで断薬後にリバウンドしてしまう傾向があり、リバウンド対策が必要となります。

おすすめはGLP-1受容体作動薬を服用している間に食生活を整えることです。

GLP-1ダイエット中は過度な食欲が抑えられるため、その間にバランスの取れた食事を身につて習慣化してしまえば、断薬して食欲が戻っても太りづらい食生活を継続することができます。

もちろん運動や睡眠などより総合的に生活を整えられれば、さらにリバウンドはしづらくなります。

GLP-1ダイエットができない人もいる

GLP-1受容体作動薬の禁忌は以下の通りです。

GLP-1ダイエットができない人
  • 妊娠中の人、妊娠の可能性がある人、授乳中の人
  • 腎機能障害のある人
  • 肝機能障害のある人
  • 心機能に問題がある人
  • 甲状腺疾患のある人
  • 膵炎、腸閉塞の既往歴がある人
  • 糖尿病の人
  • 摂食障害の人
  • BMI18.5以下の人

GLP-1とその他のダイエット薬の違い

医療ダイエットにおいて用いられるダイエット薬はGLP-1受容体作動薬だけではありません。

糖の吸収を抑えるSGLT2阻害薬、脂の吸収を抑えるゼニカル、糖の吸収抑制とインスリン抵抗性改善効果のあるメトホルミンなど、様々な薬があります。

また便通を改善し内臓脂肪の燃焼を促進する防風通聖散や、むくみを改善して代謝を促進する防已黄耆湯などの漢方薬を用いるケースもあります。

まとめ

GLP‐1ダイエットについて解説しました。

GLP-1は人の体内に元々あるホルモンで、これを外部から補充することで食欲の抑制や満腹感の持続、脂肪燃焼の促進などダイエットにポジティブな効果を得ることができます。

GLP-1受容体作動薬は多くの国々で肥満治療薬として認可されており、日本でもウゴービが11月に薬価承認されたことからも分かるように、適切に使用すれば安全性が高く、エビデンスのある減量効果も期待できます。

ただし副作用のリスクが無いわけではないので、医師がしっかり管理してくれないオンラインクリニックでの購入や個人輸入での購入は避け、しっかりと診断を受けた上で安全にGLP-1ダイエットに取り組むようにしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!